投稿

5月, 2019の投稿を表示しています

大学生の Google ドライブ活用術

イメージ
0. 要約大学生は講義資料 (PDF) やレポートが多いしかも無くなったり保存に失敗すると困る→ Google ドライブを使えばだいたい解決するよ
1. 大学生は情報の整理・保管が命  我々大学生は大学の教育支援システムや研究室のホームページなどを通してダウンロードする講義資料や各種レポート課題、数値計算や表の作成、プレゼン課題などに追われています。これらの情報を日頃からうまく整理しておかないと試験前や提出締切直前にかなりの焦りを感じたり実際間に合わなかったり単位が大阪湾に沈んだりします。
 少し前まではそれが非常に簡単にできる環境がありました。大学生はこれらの作業のためにたった 1 台のパソコンを使い、その HDD にすべての情報を貯蓄することができました。  しかし今はどうでしょう?簡単な文章や図ならスマートフォンで作成・送信・印刷ができますし、板書や友達のノートの写真を撮影できます。あるいは自分のノートの写真を友達に LINE で送ることもできるでしょう。これは一見とても便利ですが "情報の集中管理" の観点からはすこし複雑な状況です。はたしてどれだけの大学生がスマートフォンで作ったその「ちょっとした (でも大事な) 文章や図」をパソコンに移動させて保管するでしょうか。  そしてどうやって移動させるでしょうか?メールに添付してパソコン宛にメールを送信?USB ケーブル経由?iPhone と Mac なら AirDrop も使えますね。でも面倒なのでよほどの几帳面じゃない限りは面倒になって辞めてしまいます (面倒なので)。
 もうひとつの問題は、情報の集中管理ができたとしても「データが消えたら...」です。電子機器ってなんでか知らないですけれど締切直前とか急いでいるときとかそういった大事なタイミングでぶっ壊れるんですよ。比喩表現とかじゃなくて本当に急にフリーズして USB メモリの中身が全部消えたり書いてた論文が 2 週間前の状態に戻ったりするものなんですよね。知り合いに修論のための実験データが飛んでいった人がいます。泣いていました。"データの確実な保持" が重要になってきます。  でもこれ基本的に我々なにも悪くないんですよ。パソコンも壊れたくて壊れたわけじゃないでしょうし、明らかに間違った操作をして削除したわけでもな…