投稿

2月, 2020の投稿を表示しています

Google Apps Script が V8 ランタイムに対応!最新 ECMAScript が使えるように

イメージ
目次 Apps Script での V8 ランタイム概要 V8 ランタイムの機能 最新の ECMAScript の構文 関数の検出の改善 トリガーとコールバックからオブジェクトのメソッドを呼び出す ログの UI 変更 実行の UI 変更 V8 の構文例 let および const アロー関数 クラス 分割代入 テンプレート 文字列 デフォルト引数 複数行文字列 V8 ランタイムを有効にする Rhino ランタイムを有効にする 今あるスクリプトを移行するには バグを報告するには スクリプトを V8 に移行する V8 への移行手順 互換性の問題 for each(変数 in オブジェクト) を使用しない Date.prototype.getYear() を使用しない 名前に予約語を使用しない const 変数に再代入しない Apps Script での V8 ランタイム概要 [原文: V8 Runtime Overview ] Google Apps Script および JavaScript では, スクリプトのコードを解析・実行する JavaScript エンジンが "ランタイム" (またはランタイム環境) に含まれます. ランタイムは, メモリへのアクセス方法やプログラムと OS が相互作用する方法, どのような構文が記述できるかといったルールを提供するもので, Web ブラウザはそれぞれ JavaScript のランタイムを搭載しています. これまで Apps Script は Mozilla の Rhino JavaScript interpreter をランタイムとして採用していました. この Rhino は Apps Script で開発者のコードを実行するのに非常に便利なものでしたが, Apps Script で使用できる JavaScript のバージョンが ES5 から変更できないという難点の原因でもありました. これを解決するため, 今回の変更から Apps Script は Chrome や Node.js にも使用されている V8 ランタイムを使用します. これにより, 最新の JavaScript の構