投稿

11月, 2019の投稿を表示しています

ビックカメラなんば店の Chromebook 体験コーナー (のひと) が予想以上に強い

イメージ
2019/10/01 に全国 31 店舗のビックカメラに Chromebook 体験コーナー が設置されました. 大阪のなんば店にもできてたみたいなので 10/02 に早速行ってみたんですが, 記事書く暇もなく月日が流れ... (言い訳). こんなツイートだけで報告を終わらせてしまっていました. (ちなみに 10/05 に秋葉原店にも行きましたが残念ながら大した収穫はなし). ビックカメラなんば店では 4F までエスカレータで上がって左側に #Chromebook コーナーが設置されていました. 一部展示機が設置されていない機種があり, ステッカーもまだないとのことですが大阪周辺で Chromebook ブース専門の担当者さんがいらっしゃるのがなんば店だけだそうですので期待できそう. pic.twitter.com/nvl9HKQyIa — ぐぐたく⭐【固ツイ】東方IST合同お願いします! (@TakumaNitori) October 2, 2019 それで, 11/15 にもう一度行きまして, 初めの頃なんば店にはなかったクリアファイルとステッカーをもらって帰ろうかなと思ってたんですが, 担当の方と 1 時間ほど長話をしてしまいまして, 「ああもう書くしかないな」と思いまして今この記事書きました. でまあ, 「このコーナーすげー!」って話ではあるんですが, この体験コーナーの有用性とか将来性とかは他の方が軒並み書いてくださってたのでそのへんの考察は置いといて, なんば店の Chromebook 体験コーナーの 担当の人 にフォーカスを当ててみたいと思います. 1. 10/02 に会った人 まさか Chromebook 体験コーナー専門のスタッフがいるとは思わずびっくり. そういうのって東京ばっかりだと思ってたんですけど意外と大阪にもあるんですね. 少しお話ししたところ, どうもまだコーナーは設営の途中だそうで, 周辺機器の陳列や POP の展示も一部 "作業中" という雰囲気が見えました. やっぱり東京以外はそんな感じよね〜とは思いながらも, その場にある展示機と説明を見ながら, "初めての Chromebook" を回収しました. ところでこの "初めての C

Chromebook でもサイト構築とか Web アプリ開発ならできるよ

イメージ
「Chromebook はネット見るだけ!w」なんて言う人もいるけれど, 最近の Chromebook では Linux が使えるので実は開発もできるんですよ というお話. 先に考慮しておかないといけないのはストレージです. 大きな Linux アプリやライブラリなんかを入れるとストレージが足りなくなる場合があります (特に 16GB や 32GB の Chromebook を使用している場合). micro SD カードや大きめのストレージの Chromebook を用意してください. 1. Linux の有効化・インストール さて, では早速 Linux を有効化しましょう. Chromebook の設定から [Linux (ベータ版)] で [オンにする] を選択します. 画面に表示される手順でセットアップをすすめるとターミナルが起動し, Linux が利用できるようになります (セットアップには 10 分以上かかるらしいです). 参考: Chromebook ヘルプ https://support.google.com/chromebook/answer/9145439?hl=ja 2. 最低限必要 (だと思う) なパッケージをインストール 2-1. git Chromebook の Linux ではパッケージマネージャ apt が使用できます. 以下のコマンドで git をインストールできます. sudo apt install git 2-2. Node.js と npm 以下のコマンドを実行することで Node.js の v12 をインストールできます. curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_12.x | bash - sudo apt install -y nodejs [参考] GitHub nodesource/distributions https://github.com/nodesource/distributions/blob/master/README.md インストールが完了したら node コマンドと npm コマンドが使えることを確認しましょう. which node which npm 2-3. Pyenv